BLOG

ブログ・挙式レポート

 

旬の”和婚”にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆☆

 

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ^^

 

 

神前式には、その式次第、儀式のひとつひとつに意味と、お作法があります☆☆

 

前回からつづいて、3.修祓の儀 のあと

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)に移ります☆

jinjakon_0533

斎主様がお二人のご結婚を報告し、ご加護をお願いする「祝詞(のりと)」を奉ります☆

 

祝詞とは、神前に奏上する詞(ことば)の事です^^

神様と人とを取り持つ役目として、お二人の気持ちや願いを神様に伝えて下さいます☆

 

narajinjyakon_0391

同時に、雅楽にのせて巫女の舞が奉納される神社もありましたよ☆

 

流れは変わりませんが、少しずつ、神社さんによって特色があります☆

各神社さんのサイトでは、挙式についても詳細に掲載されていることが多いです☆

まずは神社さんのサイトも見てみて下さいね^^

 

 

その次には、5.三献の儀(さんこんのぎ)があります☆

201611_jinjakon_0281

御神前にお供えをしたお神酒が、巫女様から新郎新婦様へ、まず小盃に注がれ飲み干します☆

 

小盃で新郎様から新婦様、中盃は新婦様から新郎様、大盃では新郎様から新婦様へと、交互に各3回ずつ

計9杯飲みます☆

 

盃にはそれぞれ、小盃:『ご先祖様への感謝』、中盃:『お二人の誓い』、大盃:『子孫繁栄の願い』という

意味合いがあります^^

 

飲む順番など、すべて式の前に丁寧に教えて頂けます☆

ご安心下さいね♡^^

 

御神酒とは、「神様のお力が加わったお酒」です☆

この御神酒を飲む事は“神様のお力をいただく事”になり、お二人でそれを飲む事で「絆が深まる」とされていて

ご夫婦の契りを交わす儀式が、この「三献の儀」となります^^

 

事前に少し式の流れを知っていると当日も緊張せずいられそうですね^^♡

 

 

 

(つづく)

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

 

 

旬の和婚にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆☆

 

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ^^

 

神前式には、その式次第、儀式のひとつひとつに意味と、お作法があります☆☆

 

それでは順に、儀式を解説していきましょう☆☆

 

手水の儀(ちょうずのぎ)です☆

巫女様方に手ほどきを受けながら、手や口を洗い清める儀式です☆

古来より伝わる日本の神前挙式では、神聖な神殿に入る前に身を清めるのです☆

心も清らかになります☆☆

ここからが、挙式のはじまりです☆☆

 

つづいては

②参進の儀(さんしんのぎ)

(実際の「参進の儀」の様子〜京都神社婚より)

 

ご神職・巫女様に先導してもらいながら、参列する方々も全員で列になり、並んで神殿へと向かいます^^

ご家族や皆様からのあたたかなまなざしを感じながら、しずしずと歩をあゆめます☆☆

 

挙式では、白無垢をお召しになる新婦様がとても多いですが、白無垢姿がとっても輝いて見える瞬間です☆☆

本殿まで続く道は、それまでの自分を振り返りその先の人生への決意を誓う道となります☆

そして、お二人がこれから幸せに向かっていくようにと願いを込めながら進みます☆

朱傘の朱色は「魔除けや神聖さ」を表していて傘下のお二人を「災いから守る」という意味もありますよ^^

 

お二人は、身も心も清められ、まっさらなお二人となって挙式へと向かうのです☆

 

神殿にご昇殿されましたら、

③修祓の儀(しゅばつのぎ)に移ります☆

201611_okayamajinja_493

201611okayamajinja_502

ご神職が御祓詞を唱えながら大麻(おおぬさ)を振り、斎場・祭具・参列の皆様方を祓い清めます☆

言わば「おはらい」ですね^^

皆様一同起立して、頭を軽く下げます☆

大麻は、特殊な裁ち方をして折った紙と麻から出来ていて、罪や汚れ(けがれ)を吸い取るものです☆

 

厳かな本殿☆

そして響き渡る雅楽☆☆

いよいよ誓いの時が近づいてきました☆☆

 

(つづく)

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

 

神社婚のプランは、神社挙式に必要なもの全てセットで「198,000円(セット価格)」となっています☆☆

 

 

これまで京都において、大阪神社婚と同様の京都神社婚プランが数多くの新郎新婦様から選ばれてきました☆☆

 

選ばれた、その理由は3つ!

 

フォトスタジオがプロデュースしておりますので、「お写真のクオリティが違う」ということ◎

 

そして

 

どれを選んでも(ご利用店舗のお衣装から)、「お衣装の料金アップがなし!」ということ◎

 

さらに

 

プラン内容に、「当日撮影全データとアルバム1冊が付属する」ということ◎

 

 

 

この3点が大きな特徴であり、大阪神社婚においても、その内容は全く変わりません☆☆

 

 

 

 

セット価格となっていますので、料金が明確で予期せぬ追加料金がなく、わかりやすいのも長所です☆☆

 

 

 

 

注意点としては、

 

「挙式される神社のお手配(ご予約・挙式料)をお客様ご自身にお願いしている」

 

ということです☆☆

 

挙式神社やお日取りが決まりましたら、いよいよ私どもの「神社婚プラン」の出番です^^

 

お衣装から着付けヘアメイク、アテンド、移動車、当日の撮影全般、全撮影データ、アルバムが

 

全てセットになっており、挙式が実現するプランになっていますよ^^♪

 

 

 

日々、大阪での神社婚をお考えの新郎新婦様よりお問い合わせもたくさんいただいております☆

 

ぜひお気軽に、どんな質問も不安な点も私たちにお寄せください^^

 

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

自分らしい結婚式を選べる今の時代ー。

近年、日本では神前式・チャペル式・人前式…など自分らしい挙式のかたちを自由に選べるようになりました^^

 

このブログをご覧の皆様はきっと、多様なそのかたちの中から「和婚」にご興味を持ってくださり、

ご検討されているのだと思います^^

 

和装をしてみたい!

神社で挙式をしたい!

伝統的なスタイルが好き!

 

このブログをご覧の皆様は、どんな和婚をお考えでしょうか?^^

 

中でも、日本の伝統的な結婚式「神前式(神社挙式)」はやはり人気があり、多くの新郎新婦様から

近年“再注目”されています☆☆

神前式は、ご神前にて斎主(神職)によって執り行われ「祝詞奏上」「三々九度の杯の儀」「誓詞奏上」等の儀式を

通してお二人のご結婚を誓うものです☆

 

1つひとつの儀式や神楽、巫女の舞、神殿などの歴史的建造物…その随所に"日本の心"を感じさせる

厳かな挙式☆

 

その究極のかたちが、「和婚」=「大阪神社婚」だと私たちは考えます☆☆^^

 

20161_narajinjakon0395

 

日本ならではの歴史や伝統、美意識を大切にされてきた「和婚」は、どんな方にも尊く感動の思いで受け入れられる

事でしょう☆

 

私たちは、京都という歴史と伝統深い地で同じく「京都神社婚」をプロデュースし着実に実績を積んでまいりました。

この京都で大変ご好評いただき、これまでに多くの新郎新婦様に選んでいただいております^^

日本の新郎新婦様のみならず、海外の新郎新婦様、国際結婚の新郎新婦様など本当にたくさんの方々です!

そしてこの度、大阪の地で、特別な日の特別な時間を「大阪神社婚」でお手伝いさせていただきたく思います☆☆

 

フォトスタジオがプロデュースする和婚プランですので、「お写真」は間違いなく「本物」です☆

クオリティが違います☆

お写真撮影の時間も豊富です☆

撮影枚数も豊富です☆

そのうえ、お衣装や早朝による追加料金などがなく、とてもわかりやすい明瞭な料金体系です☆

プランひとつで十分に挙式を行える内容になっています☆

 

究極の和婚のかたち「大阪神社婚」で、思い描く晴れの1日を実現させて下さい^^

 

いつでもお気軽にお問い合わせをお待ちしております^^

お問い合わせフォームまたはお電話0120−799−597まで♪♪

 

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

News

2017.9.4

【年末年始休暇のお知らせ】

誠に勝手ながら、2017年12月30日(土)〜2018年1月5日(金)までの期間を年末年始休暇とさせて頂きます。
期間中のお問い合わせにつきましては2018年1月6日(土)以降にご対応させて頂きます。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。