BLOG

ブログ・挙式レポート

 

挙式神社選びのご参考に、各神社をここでご紹介致します☆^^

 

本日ご紹介するのは「坐摩神社」さんです☆☆

 

 

 

 

“坐摩”という漢字、読めますか?^^

 

これは、「いかすり」神社とお読みします☆☆

 

しかし、一般には「ざまじんじゃ」と読まれることが多く、地元では「ざまさん」という通称で呼ばれています☆

 

「ざま」と読まれた方も多いのではないでしょうか^^

 

 

 

さてこちらは、大阪市中心部・船場にある古い神社で、この土地の守護神的存在です☆☆

 

神社は、当初、淀川河口の地に坐摩神が祀られたことに始まり、天正11年(1583年)の大坂城築城に際し

 

現在の場所に遷座しました☆

 

 

そこは本町通にも近く、多くの物売りや見せ物が門前に集まったそうです☆

 

特に古着屋は「坐摩の前の古手屋」として名高く、上方落語にも登場するほど☆☆

 

この近くで、後の「そごう」が古手屋として生まれ、船場が繊維の町として発展するきっかけともなりました☆☆

 

 

入口では大小3つの鳥居が横に組み合わさった珍しい「三ツ鳥居」が迎えます☆☆

 

確かに、3つ並んでいてあまり見かけませんね!^^

 

 

住居守護の神、旅行安全の神、安産の神として信仰されている坐摩神社☆☆

 

御祭神・生井神・福井神・綱長井神・波比岐神・阿須波神の五柱を総称して「坐摩神(いかすりのかみ)」といい

 

古くから知られています☆☆

 

ご結婚されるお二人にもぴったりですね^^

 

 

 

素敵なお写真も撮れそうな境内です☆☆

 

 

そして、この神社が、上方落語寄席発祥の地でもあります☆

 

境内には陶器神社もあり、毎年7月23日には「陶器祭」が催されています☆

 

 

オフィスビルや店舗が建ち並ぶ中にそこだけ静けさが漂う、そんな神社です☆☆

 

また豊かな緑に囲まれており、6月には約200株のアジサイ、7月下旬から8月下旬には御神紋・鷺丸に

 

ちなんだサギ草が綺麗です☆☆

 

立地も、周辺には店舗も多くアクセスも良いので、神社婚にもぴったりだと思います☆☆

 

 

 

ここ「坐摩神社」から、お二人の歩みをスタートさせてみませんか^^

 

 

 

ご参考になりますように☆☆

 

 

 

坐摩神社
住所 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
TEL 06-6251-4792

 

 

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

News

2017.9.4

【年末年始休暇のお知らせ】

誠に勝手ながら、2017年12月30日(土)〜2018年1月5日(金)までの期間を年末年始休暇とさせて頂きます。
期間中のお問い合わせにつきましては2018年1月6日(土)以降にご対応させて頂きます。
お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。