BLOG

ブログ・挙式レポート

 

 

旬の和婚にちょっと興味はあるけれど、

「挙式ではどんなことをするの?」

「和婚挙式のことはよく知らないし・・・」

そんなあなたへ、和婚=神前式を少しずつ解説☆☆

 

古式ゆかしい神前式の世界をのぞいてみましょう☆☆

きっと、もっと、憧れの和婚があなたに近づきますよ^^

 

神前式には、その式次第、儀式のひとつひとつに意味と、お作法があります☆☆

 

それでは順に、儀式を解説していきましょう☆☆

 

手水の儀(ちょうずのぎ)です☆

巫女様方に手ほどきを受けながら、手や口を洗い清める儀式です☆

古来より伝わる日本の神前挙式では、神聖な神殿に入る前に身を清めるのです☆

心も清らかになります☆☆

ここからが、挙式のはじまりです☆☆

 

つづいては

②参進の儀(さんしんのぎ)

(実際の「参進の儀」の様子〜京都神社婚より)

 

ご神職・巫女様に先導してもらいながら、参列する方々も全員で列になり、並んで神殿へと向かいます^^

ご家族や皆様からのあたたかなまなざしを感じながら、しずしずと歩をあゆめます☆☆

 

挙式では、白無垢をお召しになる新婦様がとても多いですが、白無垢姿がとっても輝いて見える瞬間です☆☆

本殿まで続く道は、それまでの自分を振り返りその先の人生への決意を誓う道となります☆

そして、お二人がこれから幸せに向かっていくようにと願いを込めながら進みます☆

朱傘の朱色は「魔除けや神聖さ」を表していて傘下のお二人を「災いから守る」という意味もありますよ^^

 

お二人は、身も心も清められ、まっさらなお二人となって挙式へと向かうのです☆

 

神殿にご昇殿されましたら、

③修祓の儀(しゅばつのぎ)に移ります☆

201611_okayamajinja_493

201611okayamajinja_502

ご神職が御祓詞を唱えながら大麻(おおぬさ)を振り、斎場・祭具・参列の皆様方を祓い清めます☆

言わば「おはらい」ですね^^

皆様一同起立して、頭を軽く下げます☆

大麻は、特殊な裁ち方をして折った紙と麻から出来ていて、罪や汚れ(けがれ)を吸い取るものです☆

 

厳かな本殿☆

そして響き渡る雅楽☆☆

いよいよ誓いの時が近づいてきました☆☆

 

(つづく)

 

 

 

 

»Instagramも更新中!

»坐摩神社や難波神社などでの結婚式に198000円で揃う大阪神社挙式セット

News

2017.3.1

大阪神社婚サイトを公開致しました。